Lyrics Viewer Plugin for Winamp 2.x
Futaba Lyrics

Futaba LyricsはWinamp 2.xx用歌詞表示プラグインです。(Winamp 5.xx でも動作しているようです)
FutabaListと併用することにより、zip.mp3内の歌詞も表示可能です。
MP3ファイルに限りWinamp時間問題に対応



ダウンロード

Futaba Lyrics Version 1.09
futabalyrics109.zip / size:70,361 / 2005.1.26

旧バージョン:
Futaba Lyrics Version 1.08
※最新バージョンが動かない場合はご利用下さい。

インストール方法

Winampが起動している場合は一旦終了させます。
そして、圧縮ファイルに含まれる gen_FtbLyrics.dll をWinampのプラグイン用ディレクトリに展開すれば、インストール完了です。
Winampを起動したときにFutabaLyricsのウィンドウが開きます。

利用方法

再生する曲ファイルと同じフォルダーに、同じファイル名の歌詞データを用意しておくだけで、自動的に歌詞表示を行います。(拡張子は .LRC .KRA .TXT のいずれかを指定します。)

例)

D:\MP3\song.mp3 ←を再生する時
D:\MP3\song.txt ←の歌詞を表示します。

zip.mp3形式のファイル内の歌詞データを表示する時にも同様に、対応する.LRC .KRA .TXTのファイルを探して自動で表示します。

その他、歌詞データの詳細については駄歌詞屋本舗さんにて公開されている「タイムタグ仕様書」を参考にして下さい。

設定ウィンドウ

FutabaLyricsのウィンドウ上でマウスを右クリックし、「設定」を選びます。


●表示設定
このページでは、表示するフォントの指定とトレース位置の設定が行えます。
トレース位置とは、タイムタグの付いた歌詞を表示する時に、再生中の歌詞を表示するウィンドウ位置の事です。
●オプション
winamp時間補正を選択できます。
winamp2.xxでは、正しい時間を示してくれず、タイムタグ付きの歌詞では表示に微妙なズレが生じます。
この時間のズレを補正するオプションです。
●検索オプション
歌詞を探すフォルダーや拡張子を指定できます。

※注意・検索フォルダーを指定する場合、ドライブ丸ごとの検索指定のようなたくさんのサブフォルダーが含まれる検索設定では、検索に相当時間がかかりマシンスペックの低いPCでは固まったように見える場合が有ります。

アンインストール

Winampが起動している場合はWinampを一度終了させます。
そして、Winampのプラグイン用ディレクトリ内に存在する gen_FtbLyrics の名前が付いているファイルを全て削除すれば、アンインストールが完了します。
※本プログラムはレジストリは利用していません。

更新履歴

Version 1.09
・Winampのポップアップメニューに「FutabaLyrics -> 設定」を追加
GEN_IRC に対応
Version 1.08
・タイトルバーをダブルクリックで、ウィンドウの折りたたみ/展開を可能に修正
・オプション『Winampのカーソルを利用しない』を追加
Version 1.07
・ID3タグのトラック名でも検索が可能になりました。
・WinampのポップアップメニューでFutabaLyricsの[表示][非表示]が可能となりました。
・検索フォルダーの指定で、正しく歌詞表示できなかったバグを修正
Version 1.05
・検索オプション追加

便利リンク