曲を演奏するには(MLDファイルの再生方法)

iアプリではMIDI形式のMLDファイル、もしくはWAV形式のMLDファイルを再生することができます。どちらの形式のファイルも再生方法は同じです。

MLDファイルを再生するには
  1. MediaManagerクラスのgetSoundメソッドを使ってMediaSoundデータを取得する。
  2. AudioPresenterクラスにMediaSoundデータをセットする。
  3. AudioPresenterクラスのplayメソッドで再生する。
と言った手順です。

例)
リソース内のメロディデータ"test.mld"を読み込んで再生します。
AudioPresenter ap;
MediaSound ms;

// MLDファイルの読み込み
try
{
    ms = MediaManager.getSound("resource:///test.mld");
    ms.use();
}
catch(Exception e){}

// AudioPresenterの取得
ap = AudioPresenter.getAudioPresenter();

// AudioPresenterにMediaSoundをセット
ap.setSound(ms);
// 再生
ap.play();
.
.
.
// 再生を停止
ap.stop();

DoJa3.0以降では2つ以上のファイルを同時再生することが可能です。
利用するには、AudioPresenterクラスを配列として宣言し、getAudioPresenterメソッドで再生ポート番号を指定します。
※携帯電話によってはデータ形式(MIDIかWAV)次第で同時再生数に制限があります。

例)
MediaSoundの読み込みやセット方法は上の例と同じです。
AudioPresenter[] player=new 
AudioPresenter[2];
player[0]=AudioPresenter.getAudioPresenter(0);
player[1]=AudioPresenter.getAudioPresenter(1);