ZIP形式のファイルを扱うには

JarInflaterクラスを利用します。(DoJa 3.0以降)
ZIPファイルの展開のみ利用できます。

例)
リソース内のsample.zipファイルを開き、画像とテキストを取り出して表示します。
ZipTest.zip(この例の実際のプロジェクト)
import com.nttdocomo.ui.*;
import com.nttdocomo.util.JarInflater;
import javax.microedition.io.Connector;
import java.io.InputStream;

public class ZipTest extends IApplication
{
    public void start()
    {
        Image img=null;
        String str="";
        
        try
        {
            // リソース内内のZIPファイルを開く
            // スクラッチパッドを指定しても良い
            JarInflater ji;
            ji = new JarInflater(
            Connector.openInputStream("resource:///sample.zip"));
            
            // ZIPファイル内の画像を取り出す
            MediaImage mi;
            mi = MediaManager.getImage(ji.getInputStream("img.gif"));
            mi.use();
            img = mi.getImage();
            
            // ZIPファイル内の文字列データを取り出す
            InputStream is=ji.getInputStream("text.txt");
            byte [] buf=new byte[1024];
            is.read(buf);
            str=new String(buf,"SJIS");
            
            // ZIPファイルを閉じる
            ji.close();
        }
        catch(Exception e){}
        
        // パネル作成
        Panel p = new Panel();
        
        // 画像表示
        if(img!=null)   p.add(new ImageLabel(img));
        
        // 文字列表示
        p.add(new Label(str));
        
        Display.setCurrent(p);
    }
}
注意)スクラッチパッドを指定する時は、pos(位置)とlength(ファイルサイズ)の指定が必要です。 指定方法は"scratchpad:///0;pos=0,length=13281"みたいな感じです。