画像ファイルのImageクラスを取得するには

MediaImageクラスを利用します。

例)
リソース内の画像ファイル(test.gif)を読み込んで、Imageクラスにセットします。
Image img=null;

try
{
    // MediaImageクラスへファイル読み込み
    MediaImage mi =
    MediaManager.getImage("resource:///test.gif");
    mi.use();
    
    // Imageクラスを取得
    img = mi.getImage();
}
catch(Exception e){}
※getImage("resource:///test.gif"); を getImage("scratchpad:///0");等に変更すればスクラッチパッド内のデータ取り出す事が可能になります。