RS232Cについて

パソコンのデータ通信を行う代表的な方法として、データをビット列にして転送するシリアル転送と言う方法があります。
このシリアル転送を行うインターフェースがRS232Cです。この規格はかなり古くから存在するもので、最新のWindowsマシンのマザーボードにも付いている場合が多い。(ノート型PCや省スペースタイプPCでは省略されている事のほうが多いかも…)
最近の製品として発売されるパソコン周辺機器は殆どがUSB接続ですが、個人が趣味で行う電子工作では、このRS232Cを利用するのが簡単で扱いやすいでしょう。


パソコン裏の画像
矢印で示しているコネクタがRS232Cコネクタです。このパソコンのマザーボードには2つのコネクタが付いています。
このコネクタはDsub-9ピンというコネクタの規格ですが、モデム等の周辺機器や古いPC等ではDsub25ピンのコネクタを採用している場合があります。Dsub-25ピンの場合、規格が数種類有り全ては書き示せません(把握も出来てません^^)。

Dsub-9pin
番号 信号 番号 信号
1 CD 6 DSR
2 RxD 7 RTS
3 TxD 8 CTS
4 DTR 9 RI
5 SG(GND)    
これは、パソコン側(PC/AT互換機)の場合の出力で、上の写真のマザーの裏側のオス・コネクターを正面から見た図です。 対して、パソコンに接続するデバイス側のメス・コネクターでは左右逆になります。

Dsub-25pin(汎用)
番号 信号 番号 信号
1 FG 14 -
2 TxD 15 -
3 RxD 16 -
4 RTS 17 -
5 CTS 18 -
6 DSR 19 -
7 SG 20 DTR
8 CD 21 -
9 - 22 RI
10 - 23 -
11 - 24 -
12 - 25 -
13 -    

簡単に説明しますと、RxD,TxDがデータ送信 DTR,DSRは機械の作動状態 RTS,CTSは送信の可否 と、それぞれ対に使われる。RIは着呼、CDはオンライン状態を示す信号に使われている。


レベル変換ICでの接続

RS232C信号電圧は−10V〜+10Vらしく、PIC等で使う場合+5V程度に変換する必要があります。 この変換をする為のICをレベル変換用ICと言って、MAX232 ADM232 SP232等があり、これらは製造メーカーが違うだけでほぼ互換です。(中には外付けコンデンサーの容量が違う物も有るので、注意が必要です)
ちなみに、トランジスタを使って変換する方法も有るようですが、私は良く判りません。

以下の回路図はMAX232互換ICを使った例です。


便利なツール

RS232Cの動作チェックにはchuchu氏作 RS232Cシリアル通信ソフト「Acknowrich(あくのりっち)」が凄く便利です。
バイナリモード・ASCIIモードが選べたり、信号線状態(CTS,DSR,RLSD,RING)を表示出来たりと、電子工作の実験には嬉しい機能が搭載されています。
ハイパーターミナルやTeraTermに機能不足を感じてる人に、お勧めのソフトです。

電子工作時の注意点

 電子工作で何らかのデバイスを作成する時に、シリアルポートの各信号線から電源を取り出す方法をよく見かけますが、ポートを閉じている時の電気の流れ方は、マザーボードによって違うようです。
常に電源の供給を必要とするデバイスを作成する場合には、接続するマザーボードに注意が必要です。

プログラムからのコントロール方法

COPYRIGHT(C) 2002-2006 FUTABA ALL RIGHTS RESERVED.